エスコープ大阪の独自消費材

「消費材」と呼んでいます。

生協エスコープ大阪では、「安全・健康・環境」生活クラブ10原則に則り、おいしくてカラダによくて自然を壊さない食生活のために、添加物対策、遺伝子組み換え対策、環境ホルモン対策を基本としています。

共同購入で取組んでいる品物を、商品と呼ばず、一般の多くの商品は売る立場から利益を目的として作られているのに対し、使う立場から開発したもの「消費材」と呼んでいます。

エスコープ大阪独自の消費材

 

 

豚肉

生産者:(株)ウインナークラブ(徳島県)

中身が確かで安全、しかもおいしい豚肉を食べたい。

増え続ける輸入豚と効率主義で行われている養豚の実態を知ったエスコープ大阪の組合員は、1980年に「一頭買い」という豚の産直を始めました。

一頭の豚にはヘレやロース、モモやウデもあります。
私たちはすべての部位をきちんとたべることの必要性を学び、生産者と信頼し合える産直関係を育んできました。
品質にこだわり、安全性にこだわった生産者。そしてそれを支えてきた組合員の思いが現在の豚肉をつくりあげました。

私たちの豚はWYWDというオリジナルの交配種です。大ヨークシャー種(W)に中ヨークシャー種(Y)を掛け合わせたWYにWを掛け合わせ、さらにデュロック種(D)を掛け合わせています。
肉質がよく、キメが細かくて豚くささがなく味が良いのが特徴です。
※それぞれの豚種の特長:
大ヨークシャー種(W)…大型種で体が丈夫。
中ヨークシャー種(Y)…胴が短く発育が遅いが味は良い。
デュロック種(D)…赤みが多くて発育の早い。

飼料にもこだわり、肥育期(生後約85日齢以降)の配合飼料は独自設計を行っています。
トウモロコシと大豆粕は非遺伝子組み換えで抗生物質も添加していません。
また、国内にある食料資源を有効利用するために、おからとか菓子屑などといった食品工場から出る副産物を有効利用しています。
これらの食品副産物を水溶きしてスープ状にし、さらに配合飼料を加えてカロリーやphを調整したバイプリキッド飼料を肥育期の豚に給餌しています。

四季折々の彩りを見せる阿波の国で、清らかな大気と緑豊かな環境の中で育った豚肉です。
豚肉は、カタログでは冷蔵品をメインに取り扱っています。
また、生豚スライスセット、生豚ブロックが登録できます。詳細は配達担当までお問い合わせください。

 

竜おうみ米/JAグリーン近江(滋賀県)
生活クラブ関西6生協で取り組む「生活クラブの主産地形成」をめざし、米の生産を軸に、農薬や化学肥料を減らした環境保全型農業、畜産業と連携した地域循環型農業の実現を目指しています

 


針江げんき米/針江げんき米栽培グループ(滋賀県)
琵琶湖のほとりから安全なお米を供給しています。
「平成の名水百選」に選ばれた生水(しょうず)という湧き水に恵まれた滋賀県高島市新旭町針江の米農家16名で構成されています。一部では無農薬米(定期登録のみ)にも挑戦しています。田植え、草取り、稲刈り、子どもツアーなど、組合員が多数訪問しています。GMOフリーゾーン宣言を日本で最初に実施するなど遺伝子組み換え反対運動や環境問題など、様々な活動を生産者と組合員とともに行っています。

 


環境創造米キヌヒカリ/JA兵庫六甲(兵庫県)
JA兵庫六甲の「環境創造米生産者グループ」を中心とする兵庫県神戸市北区の生産者によって栽培されています。組合員のために提供して頂いた「交流のたんぼ」では、田植えや生き物調査などが企画され、年間を通じて組合員が産地と交流をしています。

 


山形上和田米/上和田有機米生産組合(山形県)
有機農業の先駆的存在。無農薬もありますが、草取り交流会を通じて減農薬で食べる意味を理解し交流を続けています。上和田有機米生産組合は平成22年度「第15回 環境保全型農業推進コンクール」において大賞(農林水産大臣賞)を受賞。また、全国米・食味分析鑑定コンクールでは毎回のように生産者が出品したお米が金賞などを受賞しています。これまで「上和田のお米は美味しい」という組合員の声は多くありましたが、それが形となって実証されました。

 


立川米/立川有機米研究会(山形県)
山形県庄内平野の東南部に位置し、霊峰月山の雪解け水が流れこむ自然豊かなまち、立川。立川有機米研究会は、その清らかな水を利用し、米作りをしています。町では生ゴミの全量を堆肥化しており、全国の自治体で初めて風力発電に取り組んだ町としても有名です。

 

生産者:(農)会田共同養鶏組合

「生ませる」ではなく、自然に「生まれる」

「自分たちでエサを作らなければ、本当に健康な鶏は育てられない。」
手間やコストはかかっても、これが会田共同養鶏組合の育て方です。

会田共同養鶏組合では、農場内に飼料工場を持っており、飼料メーカーより指定した原料を仕入れ、自社で配合飼料を製造しています。

遺伝子組み換え対策は、トウモロコシに加えて大豆粕もNON-GMO・PHF。また、地域で栽培された飼料用米を配合飼料の原料に用い、飼料の国内自給率向上をはかっています。

国内全体の5%弱ぐらいしかない純国産鶏種のたまご

『純国産鶏種のたまご』は「ゴトウさくら」を基本とし、「ゴトウもみじ」も含みます。
どちらも純国産鶏種※です。

たまごの親鶏は、4世代前まで素性の確かな純国産鶏です。
日本の気候や風土に適した丈夫な国産種だからこそ、抗生物質などの薬物に頼らず、すくすくと健康に育ちます。みなさんにお届けするときには、一般には表示されない「採卵日」を表示し、鮮度を確認することができます。

※現在、関西の生活クラブ向けにさくらの飼養数を増やしていますが、出荷が安定するまでは暫定基準を設けます。鶏種を「ゴトウさくら」、「ゴトウもみじ」に加え、純国産鶏種「岡崎おうはん」の出荷を許容します。

 

地場野菜

生産者:菜食ファーム

 

「土づくり、適地適作、旬」が基本、生産者と培ってきた信頼関係がつくった野菜です。生活クラブの独自の農業基準にもとづいて野菜を作っています。

国内で食料を自給するために努力します。
土づくりを基本とした農業をします。
農薬と化学肥料はなるべく使用しません。
残留農薬は国の基準の1/10以下を自主基準とし、達成を目指しています。
情報公開を原則とし、生産者と消費者との信頼関係を高めています。

〈旬菜セット〉地場で収穫した新鮮野菜をセットでお届け
地元で採れたものを地元で消費する「地産地消」を目指し、堺市・和泉市・河内長野市などの野菜農家が無農薬または低農薬(大阪府の基準使用量1/2以下)・除草剤不使用・無化学肥料で野菜を栽培しています。

【旬菜セット】
●ファミリーセット 価格1,600円前後 品数6~9品程度
4~5人家族が1週間で食べきれる量です。また、積極的に野菜を摂りたいと考えている方にもおすすめ。普段よく使う野菜からスーパーでは手に入りにくい、旬ならではの野菜も取り混ぜてお届けします。
●ミニセット 価格1,000円前後 品数3~6品程度
少人数のご家族に、また旬菜初心者におすすめ。各品目の量がファミリーセットよりも少なめです。ファミリーセットでも足りない方は、こちらも組み合わせてご利用ください。

・旬の野菜をお届けしているため、生産者とは事前に作付の調整を行い全量消費を基本にセット内容の組み立てを行っておりますが、畑での生育状況や天候の影響により、セット内容量が多くなることやお届けできない場合もあります。
・旬菜セットは定期予約が必要です。予約すると毎週お届けします。ミニセットは隔週登録もできます。
・予約は随時受け付けています。配達担当もしくは直接お電話ください。OCR注文書やインターネットでの予約はできません。
・内容はおまかせ。その時の旬の野菜をセットでお届けします。
・お留守などでお休みしたいときは、前週配達時(1週間前)までにお申し出ください。

 

みかん

生産者:豊共園


和歌山県下津町の3軒のみかん農家からなる豊共園。豊共園は、甘くて味の濃い、おいしいみかんを毎年届けてくれます。
みかん狩り、雑柑狩りやマーマレード作り、摘果(まだ小さく青いうちに余分な実を摘み取り、数を減らすことでおいしいみかんを育てます)、箱詰め作業などの援農による交流など、生産者と一緒に利用推進活動を行っています。

生産者と約束した数量を消費できるよう、供給開始前にシーズン(10〜2月頃まで)の利用を予約するしくみとして、シーズン予約を呼びかけています。シーズン予約することで、私たちの消費量をまとめることができ、生産者は安心してつくり続けることができます。

 

鶏肉

生産者:オンダン農協(徳島県)
加工者:(株)丸本(徳島県)


国産鶏種はりまで食の自給につなげます
日本のブロイラーの原種鶏は、ほぼ外国から輸入されています。世界的には、チャンキー・コップの2大鶏種が市場の約80%を占め、日本では97%にも達しています。

エスコープ大阪では、海外の鶏種に依存せず、鶏を国内で原々種から種の維持管理と育成ができる国産鶏種「はりま」の取り組みを行っています。はりまを食べることは、食の自給につながります。
「はりま」は、国内で唯一の原々種(ひいおじいちゃん・ひいおばあちゃん)から種の維持管理ができる肉用鶏種です。
育成されている兵庫牧場のある兵庫県龍野市がその昔播磨の国と呼ばれていたことから、はりまと名がつきました。


はりまの特徴
1.種の管理が国内でしっかりできる。
2.組合員が雛の段階から確かめられる鶏種。
3.日本の気候風土の中で、日本人の味覚にあうように育種改良されていて美味しい。
4.日本の環境や気候への適応力が高く強健。

飼料のとうもろこし・大豆粕は、NON-GMO(遺伝子組み換えではない)、PHF(ポストハーベストフリー、収穫後農薬不使用)。合成抗菌剤や殺菌剤も不使用です。
開放型の鶏舎で育てられ、市販の若鶏よりもゆったりと育てられています。

牛肉

加工:生活クラブ生協大阪生産事業部 
肥育:浅井牧場、渕上牧場(熊本県)


「褐毛和種」
私たちが取り組む褐毛和種は熊本県の麻井牧場と渕上牧場で育てられています。
関西固有の牛種の褐毛和種を食べることで種を守り自給を高めていきます。


食(飼料)の自給、種の自給力を高め、肉専用種として繁殖から肥育まで放牧・粗飼料の活用による持続的な生産に私たちも関わって構築していきます。

 

豆腐

生産者:豆伍心


豆伍心は生活クラブ3生協が出資している会社で会社名は組合員から募集し「大豆の心を知る」という思いが込められています。昔ながらの味・製造方法にこだわり、自分たちの技術・仕事に誇りと喜びを持ち、それを食べる人(組合員)にも喜んでもらおうと豆腐製造に励んでおられます。

豆伍心オリジナルの「天然にがり」を使い、天然にがりに含まれるミネラルによって大豆の風味が引き立つお豆腐です。消泡材を使わず手作業で泡を取り除き、手間ひまがかかる技術力が必要な昔ながらのお豆腐です。

大豆は関西6生協取り組みの竜おうみ米の生産者、竜王町稲作研究会が栽培しているものを使い関西での主産地形成にも取り組んでいます。

 

 

ページの先頭に戻る