ニュース

【イベント案内】6/23(土)シンポジウム「種子法廃止後のたねのゆくえ」

シンポジウム「種子法廃止後のたねのゆくえ」

主催:たねと食とひと@フォーラム

2018年4月1日に主要農作物種子法(以下、種子法)が廃止されました。
エスコープ大阪でも学習会や講演会を開催しながら今後の動向についても注視しています。
 
エスコープ大阪も会員となっている「たねと食とひと@フォーラム」では種子法廃止後に従来の方針から変更があったかどうかを尋ねるアンケートを47都道府県に行いすべての団体から回答をもらっています。
 
このアンケートの結果を踏まえて、たねと食とひと@フォーラムでは例年6月に開催される会員総会と合わせて、専門家や都道府県の担当者などを招いたシンポジウムを開催します。当日は三井化学アグロ(株)の取材報告もあります。
 
ぜひ多くの方とこの問題について考えていきたいと思いますのでご参加いただければと思います。
 
開催内容は以下の通りです。
詳しくは、@フォーラムのホームページからもご確認いただけます。
《ウェブサイト「Tanet」》http://nongmseed.jp/?p=2592 
 
*ご参加いただく場合は、事前のお申込みをお願いいたします。
 
【日 時】2018年6月23日(土)13:30 開場・受付開始
     14:00~17:00 シンポジウム「種子法廃止後のたねのゆくえ」
【場 所】明治大学リバティタワー1093教室(9階)千代田区神田駿河台1-1
【参加費】1,000円(当会個人会員は無料、当日入会の方も無料になります)
【主 催】たねと食とひと@フォーラム
【お申込み・お問合せ】たねと食とひと@フォーラム 
           email:info@nongmseed.jp FAX:03-6869-7204
名前、人数、連絡先を記載の上、emailまたはFAXにてお申込みください。
【プログラム】
●2018年度都道府県アンケート結果発表
●久野秀二教授による基調講演(アンケート結果総評含む)
●パネリスト寺尾勇人さん、堀井修さんによる提題発表
●三井化学アグロ株式会社取材報告(当会より)
 休憩(休憩時間中にフロアから質問を回収)
【パネルディスカッション】
テーマ:種子法廃止後のいま、食料主権/食料安全保障をどう確保するか
【パネリスト紹介】
久野秀二さん 京都大学大学院経済学研究科教授
寺尾勇人さん 兵庫県農政環境部農林水産局農産園芸課
堀井修さん  百姓、JA越後おぢや(新潟)理事、元新潟大学特任教員
吉森弘子   たねと食とひと@フォーラム共同代表

ページの先頭に戻る